トイレの水漏れをすっきり解決するためには

トイレの水漏れをすっきり解決するためには トイレには、常に水が蓄えられているタンクや便器はもちろん、水を運び込む給水管、汚水を流す排水管など、水漏れリスクのある場所が多くあります。水回りのトラブルは、ひとたび起これば大きな被害が出ることがあるため、緊急性が高いことが特徴です。
家の中にトイレがひとつしかない場合には、水のトラブルで使えなくなってしまうと死活問題です。タンクなど使用前の水が漏れた場合はもちろん、便器にたまっている水や汚水などが漏れると、衛生面での不安や気分的な問題も大きいでしょう。程度によっては、床の張替えなどリフォームの必要も出てきます。緊急性の高い水回りのトラブルの中でも、トイレの水漏れはいち早く解決すべき重大トラブルのひとつです。

■トイレの水漏れが起こりやすい場所

水をためておくタンクは、トイレの中でもっともトラブルが起きやすい場所です。内部には水を流すための部品が入っており、これらの部品に不具合が生じると、トラブルが発生します。部品の位置がずれているだけの場合など自分で解決できるときもありますが、部品の交換などは業者に依頼するのが確実です。ウォシュレット 水漏れも、タンクに次いで多くなっています。
給水管は接合部から水が漏れることがよくあります。ナットのゆるみのほか、パッキンの劣化も原因となります。給水管の水を止めたり、水量を調節する止水栓から水が漏れるケースも見られます。便器周りも、トラブルの起きやすい場所のひとつです。便器自体の破損のほか、タンクや床との接合部分から水が漏れることもあります。

■トイレの水漏れを見つけたら
トイレで水が漏れているのを見つけたら、もっとも大切なのは慌てないことです。業者に連絡する場合でも、被害の拡大を防ぐために、応急処置をする必要があります。水漏れが発生したら、まず流れ出している水を止めましょう。給水管にある止水栓を右に回し、水の供給をストップします。止水栓がどこにあるかわからないときは、水道メーターにある元栓を締め、家中の水を止めてください。床が濡れている場合には、床材に水が染み込むのを防ぐため、雑巾などで拭き取っておきます。
応急処置を済ませたら、次に、水が漏れている場所の特定作業が必要です。場所が特定できれば、原因も突き止めやすくなります。水が漏れやすい場所を中心にチェックしていくと効率的です。

■ウォシュレット 水漏れは特に注意が必要

一般家庭の8割まで普及が進んでいるウォシュレットは、細かい部品の組み合わせで作られている高機能な電化製品です。水が漏れると感電や発火につながりかねないため、見つけたらまず給水を止め、コンセントを抜く必要があります。ウォシュレット 水漏れは、水が出るノズルや温水タンクはもちろん、操作パネルやボタンなどさまざまなパーツのの不具合が原因で起こります。ウォシュレットの外側から水が漏れているときは、ジョイントのゆるみや部品の劣化が原因です。
ウォシュレット 水漏れの解決方法は、修理と交換の2種類があります。ウォシュレットの耐用年数は7年から10年前後が目安です。設置から数年以内の故障の場合は、部品が手に入るので修理が可能です。耐用年数が近づいていたり超えているときは、ウォシュレットの交換をおすすめします。修理と交換のどちらも、専門業者に依頼するのが基本です。

■まとめ
水漏れはトイレのあらゆる場所で起こる可能性があり、原因もさまざまです。ゆるみやずれなど、自分でも比較的簡単に直せるトラブルもありますが、自分で直すのは難しいケースも少なくありません。メーカーや製品によって、部品や修理方法も違ってきます。原因を取り除き、すっきり解決するためには、専門家に相談するのが確実です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース